読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アケゲー雑記

アケディアとかブレイブルーとか

ブレイブルー初心者向けのお話 その3

CPEX その他
あーくれぼ最中に何書いてんの、とは思うけど配信見られないので。

今回はバーストとOD絡みのお話。


・バーストを大事に、積極的に使っていく

バーストアイコンは

○喰らいバースト
○コンボ中のOD
○GCOD
○立ち回りでのOD

が大体のキャラに共通の使い道かなと思います。キャラによっては崩しのODもあるけど。

バーストアイコンを使った行動というのは、ラウンドの状況をひっくり返せる、もしくは決定させてしまうだけの強さがある、と思った方が良いでしょう。ODが体力少ないほど時間が伸びる仕様も相まって、本当に逆転力が高い。

でも、使わないのは勿体無いけど変な使い方をすると殆どプレッシャーも与えられません。
最初は上手く使っていくのは難しいので、バーストを持ってるかどうかをしっかり把握する所から始めましょう。



・バースト絡みでやっちゃいけないこと

うまい使い方というのは色々あって、説明するのは難しいのでダメな使い方の例をあげます。


①ラウンド(マッチラウンド除く)をひっくり返せる見込みが無い場面での喰らいバースト

一番ダメなパターンだと思います。しかし、やる人は多い。
極端な例は、自分のゲージが殆どなく体力も少ないのに対し、相手はバーストもあり体力・ゲージ共に多い時など。

喰らいバーストは相手の攻めをかなりの確率で中断できるので、なんだかんだで強力です。ですが、その後に逆転出来なければあまり意味が無くなってしまいます。
バースト後に体力がそれなりにあって試合が長引けば、勝ち負けは兎も角、アイコンは回収されるのでまだ悪くないですが、バースト使用後にすぐラウンドを取られてしまうと次ラウンドの大半がバースト無しになってしまうのでかなり厳しいです。


②バースト対策部分でのバースト

これは相手キャラのバースト対策コンボを知ってればどうにかなります。キャラ対!


③体力有利、残り時間僅かでの立ち回りOD発動

OD中は時間経過が止まるので、逃げに徹すれば体力有利でラウンド取れたはずなのに、相手に逆転のチャンスを与えてしまう可能性が有ります。
相手のラウンドを取りに来たODをいなす為のODなど、一概に悪いとは言えませんが、あまり良くないですね。



・バーストの使い方の例

コンボを伸ばすOD発動や大ダメージ回避の喰らいバースト、無理にでも連携を抜けるためのGCODなどはわかりやすいので、それとは違うパターンの紹介をば。
他にも色々あるので自分なりの使い方を探してみて下さい。


①序盤の立ち回りミスをカバーするためのバースト

立ち回りが強く、体力も多めなジン・バングなどがやりやすい使い方です。
立ち回りが強いので捕まえ易く捕まえられ辛い、また体力が多い故に被ダメでのアイコン回収率が良いのを生かし、序盤にターンを取られた瞬間にバーストで立ち回りに戻す使い方。
バースト使った後はじっくりゆっくり立ち回り、バースト回収を意識しながら立ち回る事になります。上手く行けば1ラウンドにバーストを2回使える事も。


②相手を端に追い込んだ時、攻めの際に相手の反撃を貰った瞬間にバースト

最初に相手を捕まえて端に持って行ったのに、小パン暴れを食らってしまった…というような時にバースト。
バーストの吹っ飛ばしで相手をもう一度端に追い込めるのが利点。端攻めが強烈なキャラはかなり使えます。
ただし、ちゃんとその後の端攻めで殺せなければ意味がないので、少々難しい。

更に、相手キャラの切り返し能力が高い時はやめた方が良いかもしれません。
相手のリスクを背負って通した暴れ行動のリターンを潰せるというのが大きいです。暴れ以外に通すものが多いキャラには微妙。
これも序盤の使用が望ましいです。
相手がその後で喰らいバーストを吐けばバースト有利になるので、じっくり攻めましょう。


③相手がゲージを使った直後のバースト

特にジンやハクメン相手に有効なバースト。勿論他キャラのrcコンボの部分でもOK。
ゲージ技による高ダメージコンボを回避すると同時に、ゲージを使った直後はクールダウンによってゲージ回収率が下がるのでかなりのゲージ有利を取れる。
勿論立ち回りに戻ることが多いですが、やられた側の心理的に嫌なバーストですね。


とりあえずはこんな感じで。